【アカシックレコードには足跡がつく】

オーラにある情報と
アカシックレコードにある情報は

質が異なりますが

触れるとどちらも
垢がつきます。


たとえば、

Aさんのアカシックレコードを読むと、
「既読」みたいな足跡がつきます。

オーラ視、透視リーディングなどの
オーラ(エーテル体)を読むと
「垢」みたいな跡がつきます。

  
表現はどれも変えたけど、
本質は同じ。

  
垢や足跡がつく。

というと、聞こえが悪いかもしれませんが

良し悪しはありません。

  
  
沢山の方をリーディングしていると
内容など覚えていないことがほとんどですが、

リピーターさんがいらした時に、
リーディングしはじめると
既読跡があるので、前の話を思い出す。

ということもあります。

  
  
良し悪しはないけれど、
使い方によっては、便利。

しかし、

沢山の足跡があると、
色々と不具合が出るのは

オーラ視、透視の方ですね。

  
あまり、気にする方はいらっしゃらないのですが、
時代が変わったので

少し、気にすると良いかも知れません。

  
  
★アカシックリーディングの基本を学べば、
こういった、情報も意味がよくわかり、対策もできるようになります。

3月15日から基礎講座がスタート!

ご興味のある方は、ぜひ!!!

 

ページトップ

日本アカシックリーディング協会

Copyright (C) Japan Akashic Reading Association., japan All Rights Reserved.