ご挨拶

橋本ゆみ

会長挨拶
[ご挨拶]

日本アカシックリーディング協会 会長の橋本ゆみです。

協会の他に、「SPOG」を主宰しており「心理/スピリチュアル」の個人セッ ションやチャネリング、ヒプノセラピー、エネルギー講座などを開催してい ます。

私がアカシックレコードを知ったのは、2006年頃です。
聞き慣れない単語なのに、何故か知っている世界というのが印象的でした。 その頃は、デザイナーとして会社勤めをしており、デザインをしている時に 繋がっていた「ある場所、領域」がアカシックレコードなのでは?と思うよ うになりました。

その後、様々な出会いや導きにより、アカシックレコードについての知識や スキルを深め、今に至ります。

個人的には、アカシックリーディング以外にも、チャネリングやカウンセリ ングも合わせたオリジナルのセッションをしていますが、深めていけばいく 程に、スピリチュアリティ(精神性)は特別なことではなく、本質的な自分 として生きるために必要な叡智であると感じるようになりました。

アカシックリーディングは、生活に活用すればする程に、とても便利であら ゆることに役立つスキルです。

ご興味のある方は、ぜひアカシックリーディングの講座においで下さいね。

プロフィール

心理・スピリチュアルカウンセラー橋本ゆみ

広告業界16年勤務。20代デザイナーで40人の部下を率いる部長に昇進。コンペ成約率8割、売上向上1.5~1.8倍など実績を残すも、難病を患い退職。幼少期、見えない存在や未来の情報を得ていた能力を社会に適応させるため封印したが、2007年カウンセラーとして独立を機に再開。開業から13年、相談実績は約1万人に及ぶ。

管理職時代、精神的に潰れていく部下を助けようと心理学、催眠療法、メンタリングを学ぶ。一方、生来のスピリチュアル能力を取り戻す過程で神秘体験が起こり、高次世界の仕組みを目の当たりにする。心理とスピリチュアル、身体の繋がりについて叡智を得たことで、現実と高次世界を統合して生きる『三位一体統合メソッド』を開発。

見えない世界の声を、一人一人に合わせて翻訳し届けるやり方は「腑に落ちる」「疑問が解けた」と好評。「20年迷い続けた“人生の目的”が見つかった」「念願の独立を果たした」「悪縁が切れた」「想い続けた人との縁が繋がった」「1つのアドバイスで収入が倍増した」など、多くの報告が届く。また、コーチングバンクや二葉栄養学校など、外部セミナーの実績も豊富。

将来は、スターシードの子供や発達障害の子供など、地球に馴染めない子供たちを共に教育できる人材を排出することが目標。 

・日本アカシックリーディング協会会長
・NLPマスタープラクティショナー(米国NLP協会認定)
・カラートランスセラピスト
・スピリチュアル雑誌anemone「アカシックレコード特集」インタビュー掲載。

趣味は絵とマンガを描くこと。港区白金にサロンを構える。

ページトップ

日本アカシックリーディング協会

Copyright (C) Japan Akashic Reading Association., japan All Rights Reserved.